個人情報保護方針

Privacy Policy

株式会社プレミアムウォーターホールディングス
個人情報保護方針

制定日 2006年12月 1日

改定日 2018年 3月31日

個人情報の保護について

株式会社プレミアムウォーターホールディングス(以下「当社」といいます。)は、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号。以下「法」といいます。)に基づき、お客様及びお取引先様その他当社の事業活動に関わるすべての方々(株主様、役員、従業員等の当社の業務従事者を含む、以下総称して「ご本人様」といいます。)に対し、以下の事項(以下「本方針」といいます。)を公表いたします。

個人情報の定義

本方針にいう「個人情報」とは、当社がご本人様から提供を受けた氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日等の特定の個人を識別することができる情報又は個人識別符号が含まれる情報をいいます。

個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項

(1)個人情報を取得する際の利用目的

当社は、ご本人様の個人情報を、法により例外が認められている場合を除き、下記の利用目的で取得します。また、ご本人様から直接書面(ホームページや電子メールなど電磁的方法等による場合を含みます。)に記載された個人情報を取得する場合は、法により例外が認められている場合を除き、その都度あらかじめ、その利用目的を明示させていただきます。

  1. (a) 利用目的
    1)株主様の管理、株式に関連する業務を遂行するため
    2)株主様や投資家の皆さまに情報・サービスを提供するため
    3)広報・IR活動の推進、改善に必要な調査のため
    4)採用・募集活動における応募者への情報提供及び連絡のため
    5)人事管理に関わる業務を遂行するため
    6)グループ会社の商品やサービス等を案内するため
    7)その他上記に関連する事務処理等を適切かつ円滑に行うため
  2. (b) 上記の利用目的以外の個別にご承諾いただいた利用目的については、その利用目的の範囲内で適切に利用させていただきます。例えば、キャンペーンハガキやウェブサイト上などで、商品情報やキャンペーン情報などのご案内の送付・配信についてご承諾いただいた場合は、それらのご案内のために利用させていただきます。
  3. (c) すべての個人情報について、個人を特定・識別できる個人データの項目を削除して、共通要素に係る項目を同じ分類ごとに集計する統計資料作成(その公表を含みます)のために利用する場合があります。
  4. (d) 法により例外が認められている場合とは、以下のとおりです。
    1)利用目的をご本人に通知し、又は公表することによりご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2)利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当社の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
    3)国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

(2)共同利用に関する事項

「共同利用」とは、一定事項をあらかじめお知らせすることにより、ご本人様の個人データ(容易に検索することができるように体系的に構成した個人情報)を特定の者と共同して利用することができる、法で認められた制度です。

当社は、下記のとおり、ご本人様の個人情報を共同利用させていただくことがありますが、その利用目的の達成に必要な範囲を超えて、共同利用することはありません。

なお、下記以外に、ご本人様の個人情報を第三者と共同利用する場合は、その取得の際に、個別に共同利用の旨を明示します。

(共同利用に関する事項)

  1. (a) 共同利用する個人データの項目
    ご本人様の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、年齢、メールアドレスなどの属性情報及びご本人様からご提供いただいた情報
  2. (b) 共同利用する者の範囲
    プレミアムウォーターホールディングスグループ各社

    ※プレミアムウォーターホールディングスグループとは、当社並びにプレミアムウォーター株式会社、株式会社LUXURY、エフエルシープレミアム株式会社、株式会社PWリソースなど、株式会社プレミアムウォーターホールディングスの子会社の総称をいい、プレミアムウォーターホールディングスグループを構成する各会社をプレミアムウォーターホールディングスグループ各社といいます。
  3. (c) 共同利用する者の利用目的
    「3.個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項-(1)-(a)利用目的」記載の目的で共同利用します。なお、個人を特定・識別できる個人データの項目を削除して、共通要素に係る項目を同じ分類ごとに集計する統計資料作成(その公表を含みます)のために共同利用する場合があります。
  4. (d) 共同利用する個人データの管理について責任を有する者の名称
    株式会社プレミアムウォーターホールディングス

個人データの第三者提供に関する事項

当社は、あらかじめご本人様の同意を得ないで、法により例外が認められている場合を除き、ご本人様の個人データを業務委託先以外の第三者に提供することはありません。

法により例外が認められている場合とは、以下のとおりです。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

なお、以下の場合には、上記の第三者に該当しません。

  1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合
  2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称について、あらかじめ、本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているとき

保有個人データの利用目的の公表に関する事項

「保有個人データ」とは、当社が開示、内容の訂正、追加、削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有する個人データをいいます。

当社が保有しているご本人様の保有個人データの利用目的は、法により例外が認められている場合を除き、「2.個人情報取得時の利用目的等の公表に関する事項-(1)-(a)利用目的」記載のとおりです。

法により例外が認められている場合とは、以下のとおりです。

  1. 利用目的をご本人に通知し、又は公表することによりご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当社の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
  3. 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

開示等のご請求に応じる手続に関する事項

保有する個人データについて、ご本人又はその代理人から、利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止・消去又は第三者への提供停止(以下「開示等」といいます。)のご請求があった場合には、ご請求された方が本人又は代理人であることを確認したうえで、合理的な期間及び範囲内に、適切にこれに対応させていただいております。

なお、当社が業務受託しており、当社に開示等の権限がない個人データは、開示等のご請求の対象とはなりませんのでご了承ください。

Webサイトにおける個人情報のお取扱いについて

当社が運営するウェブサイトでは、ウェブサイトにアクセスしたご本人様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策を実施しています。

個人情報のお問合せに関する事項

当社が保有するご本人様の個人データの取扱いに関するご指摘、相談又は個人情報に関する開示請求については、以下の窓口で受け付けております。なお、直接ご来社いただいてのご指摘はお受けいたしかねますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■お問合せ先
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前一丁目4番16号
株式会社プレミアムウォーターホールディングス
個人情報相談窓口(人事総務部)
e-mail:jinji.soumu@premiumwater-hd.co.jp
Tel:03-6864-0980 FAX:03-6864-0981
受付時間: 午前10時~午後7時